スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

fabula.14/お礼はカラダで



物語Screenshot-4-001
タリ「ネス、僕夕方出掛けるね」
ネス「ん?珍しいこともあるんだなぁ~。とうとう彼女でも出来たか?」
タリ「違うよ・・・用事があるから」







物語Screenshot-6-002
ネス「用事ぃ~?・・・ま、あんま遅くなんなよ。遅くなるなら連絡しろ」
タリ「・・・ネスってやっぱり僕のお父さんに似てる・・・」


物語Screenshot-7-003
ネス「腐っても兄弟だからな。それよか・・・
   兄貴が『いつ帰ってくんだ~』ってうるせぇんだよ…」
タリ「僕も言われてるよ。だからもう少ししたら帰りたいな」
ネス「なんだぁ?ホームシックか?」


物語Screenshot-10-004
タリ「違うけど・・・マリアにも会いたい」
ネス「お前そういえばシスコンだったもんなー」
タリ「だから違うってば・・・」


物語Screenshot-11-005
凛 「なにを話してるんですか?」
ネス「おー!今な、いつ実家の方帰るかって話でよ~…あっ、凛どうすんだ?」
凛 「・・・できることなら帰りませんよ」


物語Screenshot-13-006
ネス「はぁ~・・・悪いことは言わないから、一回ぐらい帰れって
   多分この話したら、アッシュも『さんせーい!』とか言うだろ」
凛 「帰っても僕にメリットがありません」
タリ「メリット・・・?」


物語Screenshot-14-007
タリ「家族に会えるよ」
ネス「そうそう!家族はいいぞぉ~あったかいぞぉ~」
凛 「・・・はぁ、考えます」




物語Screenshot-15-008
ネス「んまっ、俺はそろそろ仕事だから行くぞ~日程とかは追々決めるか」
凛 「そうですね・・・。」


物語Screenshot-16-009
ネス「じゃあ行ってくんなー」
凛 「はい、行ってらっしゃい」
タリ「いってら~」


物語Screenshot-17-010
凛 「さて・・・洗濯が終わったようですので、家の掃除しますね」
タリ「じゃあ・・・僕は夕方まで昼寝」
凛 「ふふふ・・・はい、おやすみなさい」



~タリアくんの、寝顔~
物語Screenshot-19-011
結論・よく見えないが、驚異的なまつげの長さ







~数時間後~

物語Screenshot-22-012
タリ「やばい・・・寝過ごしちゃった」


物語Screenshot-23-001
タリ(間に合うかな?道こっちであってる?・・・なんか曇っててよく見えない)

この日は珍しく曇りでした。霧が凄くてホントに何も見えない・・・


物語Screenshot-25-013
タリ「遅れてごめんなさい」
店主「いいってことよ!!・・・寝てたんだろ?あとついてるぞ。
   あと、今日やるのは俺じゃねぇんだ」
タリ「じゃあ・・・だれ?」
店主「隣の建物にいるからよ!詳しくはそいつに聞いてくれ!」


物語Screenshot-26-014
タリ「ここ・・・?」


物語Screenshot-29-015
タリ「すいません・・・今日予約してたんですけど」
??「!?え、あっはい!!えっと、お父さんは隣に・・・」
タリ「いや・・・店長から『隣の建物の人が今日はやる』って・・・」


物語Screenshot-30-016
??「えぇぇ?!そ、そんな・・・聞いてない」
タリ「???」


物語Screenshot-31-017
??「あぁぁぁ・・・すいません、私ハンナって言います。
   えっとじゃあ・・・とりあえず今日は私が・・・」
タリ「僕はタリア、よろしく」
??「じゃあ・・・施術台のほうに・・・」


物語Screenshot-32-018
ハン(あぁ~もう!お父さんなに考えてるの?!どうせまた飲み行ったんだわ…)








物語Screenshot-33-019
ハン「えっと・・・そちらに座ってください」
タリ「うん」


――――バサッ
物語Screenshot-34-020
ハン「?!?!?!きゃああ!なんで脱いでるんですか!」
タリ「え?いや・・・脱がないとできないよね?」
ハン「ヴェ?!あぁぁそうでした・・・ごめんなさい」
タリ(ヴェ・・・ってなんだ?)


物語Screenshot-38-022
ハン「じ、じゃあ…いきます。痛いかもしれません…慣れてないので」
タリ「うん・・・いいよ。下手っぴでもいいよ」


物語Screenshot-37-021
ハン「む!下手って酷いです!…ってタリアさん笑ってません?!」
タリ「元からこんな顔だよ」
ハン「~~~!さっきまで無表情だったじゃないですか!」








~数分後~

物語Screenshot-40-023
ハン「あっ!出来てきました!うん、力作!」
タリ「それはよかった」


物語Screenshot-41-024
タリ「ありがとね。また来た時はよろしく」
ハン「え・・・私でいいんですか?」
タリ「うん、店長だと痛いんだよね」
ハン「え?あっはい。じゃあ、またのご来店お待ちしてます・・・」
タリ「うん・・・じゃあね」











物語Screenshot-45-026
タリ「朝から何も食べてなかった…レストランで何か食べよう…」



??「あら?貴方・・・」
タリ「???」


物語Screenshot-46-027
タリ「あっ・・・テンチョーさん」
メシ「あら、私『テンチョー』って名前になってる?結城メシアです。タリア君」


物語Screenshot-47-028
タリ「メシア・・・さん?」
メシ「そう・・・ところで、こんな場所で何してるの?」


物語Screenshot-48-029
タリ「おなか減ったから・・・ご飯」
メシ「あら、そうなの?」


物語Screenshot-50-031
メシ「じゃあ家に食べに来る?ちょうど今お買い物行った帰りなの」
タリ「・・・いいの?」
メシ「いいわよ!腹ペコくんを見捨てるわけにはいかないからね」


物語Screenshot-49-030
タリ「じゃあ・・・行く」
メシ「よし!じゃあ、行こっか!」











~メシア、自宅~

物語Screenshot-51-032
タリ「おじゃまします・・・」
メシ「はい、どうぞ!じゃあさっそく作るから、くつろいでて?」
タリ「わかった・・・テレビ・・・!」


物語Screenshot-54-034
タリ「今日は見たいドラマがあったんだ…録画してあるけど、ちょっとだけ」


物語Screenshot-53-033
メシ「ふんふふ~ん♪ふふっ誰かの為に料理するのって、何年ぶりかしら」


物語Screenshot-56-035
メシ(ん、よし!味も大丈夫ね)


物語Screenshot-57-036
メシ「タリアくーん!用意出来たよー」


物語Screenshot-59-037
タリ「美味しそう・・・な匂い」
メシ「あら失礼しちゃう!味もバッチリだと思うわよ?」
タリ「冗談だよ、ごめん」




物語Screenshot-60-038
タリ「いただきます」
メシ「はい、召し上がれ!」
タリ「美味しい・・・あれ、食べないの?」
メシ「あんまりお腹すいてないの!コーヒーだけ飲もうかな」


物語Screenshot-63-039
タリ「こんな広い家に・・・一人なの?」
メシ「ん~?そうよ?おかしいかしら?」
タリ「寂しくないの?」


物語Screenshot-64-040
メシ「もう慣れちゃったわ!慣れって怖いわねぇ~もう歳ね、私も!」
タリ「??メシアさんは綺麗だよ」
メシ「…っ、もう!そうやっておばさんをからかっちゃダメよ!」
タリ(ホントのことなのになぁ・・・)



物語Screenshot-65-041
タリ「ごちそうさまでした」
メシ「はい、お粗末さまでした。もう遅いわね…ネスさんが心配するんじゃない?」
タリ「あっ・・・そうだった・・・連絡・・・」


物語Screenshot-66-042
メシ「また道端で腹ペコになったらどうぞ」
タリ「・・・からかってる?」
メシ「さっきの仕返し」
タリ「ん・・・じゃあ、ね」



―――――バタン・・・。



物語Screenshot-68-043
メシ「よし!お皿洗いと、お洗濯物もあるからそれやって、今日は休もうかな」


物語Screenshot-69-044
メシ「それにしてもタリアくん…あんな細いのに沢山食べるのね。ふふふ」


―――――ピーン…ポーン

メシ「あら?タリアくんかしら、忘れ物でもしたのかな?はーい!」




―――――ガチャ

物語Screenshot-70-045
メシ「タリアくん!どうしたの?忘れ物でもした?」
タリ「お礼するの・・・忘れた」
メシ「いいのよそんなの!私も楽しかったし」


物語Screenshot71-056
タリ「お礼するよ・・・?」
メシ「ふふふ、わかったわかっ・・・」














物語Screenshot-72-046














物語Screenshot-74-047
タリ「じゃあ、またね」



―――――バタン・・・。


物語Screenshot-75-048
メシ「・・・・・・」








~ハンナ、自宅~

物語Screenshot-79-052
ハン「・・・・はぁ、タリアさん…今まで出会ってきたどんな人よりも綺麗な人だったなぁ~
   スタイルもよくて肌も白くて、漫画の世界の王子様みたい」


物語Screenshot-80-053
ハン「あぁいう人の隣には、かわいいお姫様がお決まりなんだよね…
   私なんて、肌は黒いし、ソバカスも酷いし…」



物語Screenshot-82-054
ハン「今日はもう寝よう。明日も仕事だし」


物語Screenshot-83-055
ハン「夢にタリアさん出てきちゃったりして・・・ってないない!!!おやすみなさい」







物語Screenshot-76-049
アシュ「でねー!それでアイちゃんがぁー」
ネス 「おい、その話何回する気だよ~」
凛  「軽く、もう30回は聞いた気がする・・・」


物語Screenshot-77-050
タリ 「ただいま」
ネス 「あぁ!!お前遅くなるなら連絡しろつったろ!」
アシュ「ご飯食べる~?暖めようか?」
タリ 「いいよ、食べてきたから」


物語Screenshot-78-051
ネス 「ん~?お前なんか嬉しそうだな?なんかあったのかぁ?」
タリ 「かなりね」
アシュ「えー!!なになに~何があったのー!!」
凛  「興味深いですね」
タリ 「・・・ナイショ」







continue...




category: ストーリー

2012/04/21 Sat. 22:05 [edit]   TB: -- | CM: 2

go page top

コメント

まろさんこんばんは^^
わぁ!タリアくんなかなか大胆ですねー!!
年下男子にこんな事されたら・・・ヤバいっすー!!
メシアさんとどうなるのかな・・・( ´艸`)
ハンナちゃんもタリアくん好きになってしまったみたいですね・・・!
自分に自信がないみたいですが、この子イメチェンしたらすごく美人さんになりそうだと思いますね~♪
そして、相変わらずアイちゃんの話に夢中なアッシュくんが可愛すぎて萌えました( ´艸`)

ゆき #- | URL | 2012/04/22 Sun. 17:07 * edit *

こんにちわーv
あああああタリアくんー!!!

あなた一体どんな教育受けて来てたんだー!!
もしかして、、、ヤリ○ン、、、?
とか脳裏をよぎる私です、、、ナチュラルアメリカンですね
なんて大胆なんだ!!チューなんぞ挨拶ってか!?v

そしてハンナちゃんですが
何だかうちのバタ子と仲良くなれそうです(笑)
この子の今後も気になりつつ、、、vv
メシアさん、、、、おおおおお、、、本気にしちゃう、、?しちゃうの、、?もじもじvv

今後ーvv!!気になりますー><!!!vv

SACHICO #- | URL | 2012/04/22 Sun. 21:27 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。