スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

fabula.9/超展開でもめげません



4人Screenshot-2-001

タイトル通り、物語を進めやすくするために
ちょっと無理やり感ありますが超展開かも・・・?
多くを語らない人が語ります(正しく言うと暴露します)
画像はアッシュが書いた絵ですwなんとなくルーシーに見えてくる不思議

では続きから、物語です^^今回はちょっとお手軽な長さです~






4人Screenshot-6-004
ネス「ああーいい感じに疲れたな~」
ルー「そうですね~私はほとんど書類整理でしたけど」
ネス「俺、書類整理全然してねぇなぁ・・・昔から文字見ると眠くなんだよ」
ルー「先輩って頭良さそうには見えませんもんね!」
ネス「お前爽やかな顔してひどい事言うのな・・・」


4人Screenshot-10-005
ネス「とりあえず!腹減ったからメシでも行くか?」
ルー「いいんですか?!やったぁ!!」
ネス「給料も入ったしな!・・・あっ!じゃあ、あの子呼んでくれ!
   あの~アイちゃん?だっけ?あの子。俺アッシュ呼ぶから」

ネスは人の名前覚えるのが苦手だといい


4人Screenshot-11-006
ルー「二人っきりじゃないんですか・・・」
ネス「あぁ、ごめん。なんか言ったか?」
ルー「言ってませんよーだ・・・!!じゃあアイ呼びますね」


4人Screenshot-12-007
ルー「あぁアイ?今からスタジアムこれる?
   先輩とご飯食べ行こうってなって~アイも呼べって先輩が」
ネス「アッシュかぁ?今からスタジアム来たらいいことあんぞ~だから来い」





4人Screenshot-13-008
アシュ「ネース!!なんでアイちゃんいるの?!」
ネス 「おお!俺が呼べって言った!感謝しろよぉ?」
アシュ「するする!うわぁアイちゃんと2日連続で会えるなんて…!」
ネス 「まっ、これを機に少しでも仲良くなってくれたら俺は嬉しいよ」


4人Screenshot-14-009
ネス「ってことで行くぞー・・・ってなにやってんだ」
ルー「!?!?先輩見ちゃいました?!」
ネス「えぇ、見ちゃいました」
ルー「穴があったら入りたい・・・!!」
アイ「ルーシー、アイお腹減ったから早く」


4人Screenshot-16-010
ネス 「・・・ってなんでコレなんだよ!」
アシュ「アイちゃんがメールで乗ってみたいって言ってたから♪」
アイ 「アッシュありがと。アイ嬉しいよ」
アシュ「いいよ~いいよ~!こんなので良かったらいつでも乗せてあげる♪」
ルー 「アンタ、絶対尻にしかれるタイプだな・・・」










4人Screenshot-18-012
アシュ「ついたー!」
アイ 「あれ?もうご飯でてるよ?」
ルー 「バイキングなんじゃないの?」
ネス 「いや、違うだろーよ…。おばちゃん、これどしたの?」
店員 「ん?あぁこれかい?今日のおススメってやつだよ!ホッホッホ」
アシュ「じゃあ食べていいのー?」
店員 「あぁ、お食べお食べ!」

なぜか店についたら置いてあった・・・(笑)どういうこっちゃ



4人Screenshot-19-013
ルー 「アッシュってさぁ、アイのこと凄い好きなんだね」
アシュ「ごほっ!?はぁ?な、なんで」
ルー 「いや、見てればわかるから!…でも変なことしたらまじ殴るから。」
アシュ「しないよ・・・というかまだ片思いだし」
ルー 「?!カップルになったらする気か・・・?」
アシュ「えぇ?!あぁ~いや~・・・しないよ♪
ルー 「・・・・・。」



4人Screenshot-22-015
アシュ「そういうルーシーは、ネスのこと好きだよね?」
ルー 「当たり前
アシュ「意外にあっさり・・・!!」
ルー 「あんなにかっこよくて優しくて素敵な人、この世に二人といない!」
アシュ「でも確かに優しいよね~頼りになるし。納得。
    そうそう、この前ありがとね~用心棒役」
ルー 「・・・なんもしてないでしょうね?」
アシュ「・・・俺どんだけ信用ないの?」



4人Screenshot-21-014
沈黙の食卓・・・・

ネス「…。あーっと、アイ、ちゃん?」
アイ「なに?」
ネス「アッシュと仲良くしてやってな。アイツほんといい奴だからよ
   そうだ!今度ルーシーと一緒に家にメシ食いこい!アッシュのメシは格別だぞ?」
アイ「ほんとに?じゃあ今度食べ行きたい。アッシュのご飯」
ネス「おう!おいでおいで。大勢で食ったほうがメシは美味いからな」





4人Screenshot-23-016
アシュ「アーイちゃん♪俺からの~・・・」
アイ 「・・・なに?」



4人Screenshot-24-017
アシュ「お花のプレゼントです!」
アイ 「うわ~いいの?きれ~」
アシュ「アイちゃんには、ピンクがよく似合うよ」



4人Screenshot-25-018
アイ 「ありがと~大事にするね」
アシュ「うーん安物でごめんね?」
アイ 「ううん、嬉しいよ。お部屋に飾るからね」
アシュ「なんかそんな喜んでもらえるとは思ってなかったから…照れるね」



4人Screenshot-27-020
ネス (おーおー若いっていいねぇ。仲良さそうでなにより)



4人Screenshot-29-022
ルー「先輩!お酒どうぞ」
ネス「ん?えっ…いいのか?」
ルー「いいんですよ!いつものお礼です!」
ネス「いやでもなー…じゃあ今度は俺が奢る。今日はお前に甘える」
ルー「あまっ!?あえっと…甘えてください!」



4人Screenshot-30-023
ネス「あんがとな?先輩として情けねぇけど」
ルー「こういう時は先輩後輩関係ないですよ!」
ネス「お前は優しいねぇ~。いい育て方されたんだろうな~…」






4人Screenshot-31-024
アシュ「アイちゃん大丈夫?ねむい…でしょ?」
アイ 「う~ん…お腹いっぱいになったから…ねむい」
アシュ(なにこの子かわいい・・・!!!)



4人Screenshot-32-025
アシュ「じゃあ俺送ってくよ」
アイ 「いいの・・・」
アシュ「当たり前でしょ~歩いてなんて帰らせないよ」
アイ 「また・・・パトカー乗れるね」
アシュ「うん、乗れるね」




4人Screenshot-34-027
アシュ「ネス~アイちゃんもう限界らしいから送ってくけどネスたちは?」
ネス 「あ?あぁ、そうなんか。じゃあ俺らもかえ・・・」
ルー 「あの先輩まだ話したいことが・・・」
ネス 「ん?あぁそうか?じゃあ、まだ俺等はここにいる。
    アッシュ・・・送り狼になんなよ?」
アイ 「おおかみ?」
アシュ「ならないから!みんな俺に対して信用なさすぎ!じゃあ、もう帰るね」
ネス 「気をつけろよー!またなアイちゃん♪」












4人Screenshot-33-026
ネス「・・・で話ってなんだ?」
ルー「あの…ですね」
ネス「なんか悩みでもあんのか?ゆっくりでいいから言ってみ?」
ルー「悩み・・・といいますか・・・」



























4人Screenshot-36-029
ルー「私、先輩が好きです。一人の男として好きです
ネス「・・・・・え」
ルー「憧れとかじゃないです!LIKEでもありません!本当に好きなんです
   先輩は私のことなんとも思ってないのは知ってます。でも・・・」
ネス「まてまてまて!勝手に話進めんな!…はぁ~なんでこんなおっさんに」
ルー「おっさんじゃないです!先輩はかっこいいです!」



4人Screenshot-35-028
ネス「だぁー!!わーったから落ち着け!…正直俺がいけないとこもあんだろうな…
   お前の気持ちは嬉しい。けどなお前の気持ちは受け入れることはできない」
ルー「わかってます。でもこれから少しづつでも…」
ネス「これからも俺はお前を受け入れてはやれねぇーんだ。というより誰も受け入れない」
ルー「・・・っ、な、んで?」




4人Screenshot-37-030
ネス「はぁ・・・・あんま言いたくねぇんだけど・・・俺な」
































4人Screenshot-38-031
ネス「子供がいんだ」











continue...




category: ストーリー

2012/03/28 Wed. 09:01 [edit]   TB: -- | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。